9月15(土)富山情報ビジネス専門学校の学園祭にて、日本語学科の留学生と日本文化を紹介する「日本文化紹介交流会」を開催しました。
紹介した内容は、茶道体験と浴衣の着付け体験です。
茶道体験ではお茶会の体験を行い、先生のお点前拝見と浴衣を着た留学生がお運びをして参加者をもてなしました。
「お抹茶が美味しかった」「礼の仕方やお茶の出し方など勉強になった」との感想をいただきました。
浴衣体験では、たくさんの浴衣の中からお好みの浴衣を選んでもらい、スタッフに着付けしてもらいました。
初めて浴衣を着た学生がほとんどで、とても喜んでくれました。

当日はあいにくの雨でしたが、大勢の方が体験(参加)してくださり有難うございました。
また一緒に日本文化を紹介した留学生の皆さん、お疲れ様でした。