12月17日(日)櫛田コミュニティセンターにて、日本文化体験交流会を開催しました。
少し気が早いのですが、年末の「年越しそば」とお正月遊びの「凧揚げ(凧づくり)」を先取りしました。

まずは凧づくりです。越中だいもん凧の会から講師として3名お迎えして六角凧を作りました。
凧に絵を描いたり、糊をつけたり、凧糸を通したりと、予定よりも時間がかかりましたが、教えてもらいながら皆さん楽しんで作っていらっしゃいました。
完成後はグランドで凧揚げをする予定でしたが、雪のため出来なかったのが残念です。
元気な子ども達は、体育館で走りまわって凧揚げを楽しんでくれました。

続いては、手打ちそばの実演と試食です。やつおそば大楽の中野克彦さんを講師にお迎えしました。
手打ちそばの実演では、そば粉を打つところから【こねる】【のばす】【切る】の工程を間近で見させていただきました。また、そば作りのお話や色々な実の紹介も参考になりました。

その後は、お待ちかねの試食タイムです。参加者の皆さんには、そばを湯切りで沸騰したお湯にくぐらせるところから、汁をかけて天ぷらなどトッピングするところまでセルフでやっていただきました。
試食の感想は「とても美味しい!コシがあって、いつも食べているそばと全然違う!」と大好評でした。
中にはあまりの美味しさに、おかわりをされる方、温かいそばと冷たいそばを両方召し上がる方もおられました。本当に何度もおかわりしたくなる美味しさでした。

 

 

 

 

 

 

参加者の方からは、「日本の文化を体験できて良かった。」「凧づくりが貴重な体験で良かった。」「そばが美味しかった。」という大満足の声をいただきました。
あいにくの天気にもかかわらずご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。